こんにちは、寿楽園デイサービスの下薗です(^^)

デイサービスは、引きこもりがちな高齢者が他人と交流するためにも、そのご家族が自分の時間を作るためにも、ぜひ利用したい介護保険サービスです。

ですが、中にはお迎えの時間が近づくと、何分も前から外に出て待っているという人もいれば、なかなかデイサービスに行ってくれないという方も少なくありません。

デイサービスに行きたがらない原因

ズバリ、

緊張感を持ってしまう空間で長時間過ごすことがイヤ なのです。

特に、初めてデイサービスに行かれる方は嫌がったり躊躇する人が多いです。

言わてみれば無理もない話で、例えば小学校に入学する時のこどもの心境や、習い事に通っていた時の自分を振り返ってみると・・・

 

初めての体験に勇気がいるのはデイサービスに限った話ではない

 

ということです!

最初は嫌がっていても、1ヶ月くらい経つとスタッフと馴染みになり、デイに通う曜日によって友達ができ、イベントの話をしてくれたり、お手製のものを見せてくれたり楽しんでいるのを伝えてくれるようになります。

(それもかなりの確率で^^)

また、「行きたくない」「家にいたい」という気持ちが、家族への甘えと重なって、デイサービスに通うことを拒否してしまうことがあるそうです。

単純に、「寒いと布団から出たくない」といった理由もあるくらいで、

その場合には、

起きる30分前に暖房がつくようにセットしておくなどの工夫をしてみるといいでしょう!

 

他にも、デイサービスを行きたがらない場合の対策として、

たとえば

送り出しを工夫する です。

 

具体的には、

1、家族ではなくヘルパーに援助してもらい、送り出す。
(家族には甘えやすい)

2、家族が用事がなくても、外出する演出をしてみんなで家を出る。
(一人でいるより誰かと一緒にいる方が安心だと感じてもらう)

3、デイサービスをリハビリと言って送り出す
(医療的な話をすると納得する高齢者が多い)

 

送り出す側としては、騙してでもデイサービスに行ってもらうような心苦しさを感じてしまうところですが、このあたりの介護知識もブログでお伝えしていきますね!

 

他にも、ムーズに送り出すコツはあります ので、続きは後日のブログでw