デイサービス看護師が担う2つの役割

こんにちは!寿楽園デイサービスの下薗です(^^)/ 3月はハローワークに足を運ぶことが多くなる時期で、普段みかけない求人を発見したりします!

デイサービス求人に目を向けると、募集職種が「看護師」であっても役割は大きく2つあって、求職者からは不思議な印象をもたれるではないでしょうか(^_^;)
デイサービスの看護師のお仕事に興味のある方はぜひ参考にしてくださいね💡

デイサービス看護師の求人には、
看護師としての健康管理業務
機能訓練指導員としてのリハビリ業務があります!

求人で最も多いものが看護師業務で、毎日のバイタルチェック(体温、血圧、脈拍測定)が毎日の業務になります!
デイサービスでは病院や介護施設ほどの医療ニーズがないため、体調不良者の対応(救急搬送含む)は頻度としては少なく、 その他は介護業務のヘルプに入ることが多い傾向です。

一方の機能訓練指導員業務は、リハビリスタッフとしてのお仕事になります!
「看護師なのに?!」と疑問を持たれる方が多いと思いますが、看護師(准看護師含む)であれば全国共通でリハビリスタッフとして働くことができますよ👆 

身体機能の回復ではなく、自立支援や日常生活を充実できるリハビリメニューで良いのでリハビリ専門職でなくてもOKという世界になっています(^^)/

「保有資格=仕事」の考え方を変えてみると、出会ったことのない「やりがい」がみつかるかもしれません(^o^)